前部煙突 ②


前回の続きです。煙突側面にジャッキステーと煙突のトップが出来たところです。
ジャッキステーは汎用エッチングを付けて、煙突のトップは自作です。
IMG_20150628_122342.jpg
材料は、工作用電気コード・瞬着・気合・根性・エナジードリンクです。
電気コードを適当な長さに切り、被膜を剥いて中の銅線を曲げて瞬着で付けるのを繰り返す。
細かい作業の繰り返しなので、気合は最初から全開で、失敗したら根性出してやり直し、
気力が尽きたらエナジードリンクで、エナジー注入。これで乗り切ります。
IMG_20150628_220601.jpg
IMG_20150628_220548.jpg
あとは、吸気口と子日のみ空中線支柱?を付け、塗装して完成です。
スポンサーサイト

前部煙突 ①


前部煙突の工作に入ります。
意外と苦労してます…
まずはキットのパーツと付属のエッチングパーツから、パーツはともかくエッチングは・・・
IMG_20150624_152238.jpg
とりあえず、取り付け。
IMG_20150624_155919.jpg
我慢ならんので、ファンネルキャップ自作します・・・
ファンネルキャップの側面を片側は残しましたが、もう一方はそれすら自作
IMG_20150625_160947.jpg
プチ煙突は、キットのパーツはただのストレートですが、実艦はY字なので真鍮パイプで自作。
ここは気合と根性で乗り切ります。
真鍮パイプなのでちゃんと穴が開いてるのが、ポイントです。
IMG_20150625_172038.jpg
IMG_20150625_172058.jpg
プチ煙突の取り回しは艦ごとに違うので、わかる範囲で表現しました。
次回で前部煙突完成させます。

後部煙突 ②

IMG_20150618_235832.jpg
前回の続きです。ここまで色々な設備が集約されると、工作量が多く時間がかかります。
機銃台から始めます。キットのパーツです。赤線の部分を切断し、黄枠をエッチングに換えます。
IMG_20150619_004848.jpg
全然違うでしょ三角の補強板もいい感じでしょでも赤枠の補強板が前回作った基部に干渉することが
発覚し、補強板1枚外す羽目に・・・・
IMG_20150621_130251.jpg
気を取り直して、煙突に行きます。てっぺんのファンネルキャップはキットの純正エッチングですが、
使えない・・・似てない!曲がらない!の2重苦です・・・・
妥協して使いましたが・・・
IMG_20150622_162156.jpg
IMG_20150622_162049.jpg
手摺・機銃・探照灯を付けて、どうにかこの部分は完成!
キャンバスの表現を初春はあっさり、子日はこってりやってみました。
IMG_20150622_162121.jpg
IMG_20150622_161950.jpg
この部分の初春と子日の違いですが、赤丸と黄枠の部分の有る無しです。
IMG_20150622_161643.jpg
今の全体像。つぎは前部煙突をやります。

後部煙突 ①


今日は黄枠の部分を作りました。この部分は、煙突・機銃台・魚雷発射管・魚雷格納庫・探照灯台等が設置され、
非常に複雑な部分です。
IMG_20150616_031916.jpg
まずは、キットの直組みの状態。
IMG_20150617_013158.jpg
キットのままでも良かったのですが、ドア交換とハシゴも交換。
IMG_20150617_013143.jpg
反対側。格納庫を追加工作しガーターレーンもエッチングにしてます。
IMG_20150617_013209.jpg
上から格納庫の平面形状が手元の資料と異なるので、赤線部分をカットしてます。
IMG_20150617_015602.jpg
塗装して取り付け。黄枠の部分です。
IMG_20150617_015712.jpg
次回は赤枠の機銃台を作ります。
資料と形状が違うので、トホホな工作が待ってます…

船体③


IMG_20150615_000448.jpg
船体が出来ました。初春と子日の違いの再現を頑張ってみました。
まずは、アンカーセレスの形状から。
アンカーセレスって錨の収まってるくぼみのことで、船の出来た時期や作った造船所で若干形状が違ってきます。
写真は、上が初春で下が子日です。
子日は錨にジャストフィットって感じですが、初春は下にさらにくぼみが有ります。
多分、錨をスムーズに入れる為の工夫だと思われます。
ここの再現にかなり時間をかけましたが、上手く出来ませんでした・・・・
船体のデカい巡洋艦クラスなら何とかなりますが、小さな駆逐艦では逆に難しいです。
私程度では、ここは割り切ってスルーしたほうがよかったです。
アンカーセレス後の21の番号は第21駆逐隊所属を表します。
ここで、小話を1つ・・・
21駆逐隊は初春型4隻で編成されてます。(初春・子日・若葉・初霜)
そもそも駆逐隊とは、日露戦争で活躍した 秋山 真之(あきやま さねゆき)中将が考案したもので、
同じ性能の駆逐艦4隻で1個小隊を組み、単一の敵に攻撃するもので、
隻数は4以下だと成果が乏しく、4以上だとかえって味方が混乱し効率的な作戦遂行が出来ないとし、
4隻の同型駆逐艦で駆逐隊を組ませ、2個駆逐隊で同一の攻撃目標に同時攻撃する。
さらに、2個駆逐連隊(4個駆逐隊)で水雷戦隊を組み1人の指揮官が指揮をする・・・
こんな思想で編成されました。
その背景には、日露戦争中の明治38年5月27日の夜襲で日本の水雷隊が大活躍したことによるらしく、
以後日本海軍は、夜戦を重視し戦術の研究を重ねていきます。
IMG_20150615_000920.jpg
IMG_20150615_001010.jpg
この時期の艦尾の艦名表記は金色です。エッチングで再現しました。
実艦ではもともとが真鍮製で戦争中は灰色に塗りつぶしたらしいです。
キット付属の白の艦名でもよかったのですが、ちょっとこだわってみました。
IMG_20150615_000903.jpg
IMG_20150615_000521.jpg
なんだかんだ言っても、ここに勝る識別ポイントはないですね。
ちなみに、初春型4隻の艦名は俳句の季節を表す季語だそうです。
(初春・子日は1月、若葉は5月、初霜は11月くらい)
IMG_20150615_001509.jpg
上部構造物のベース置いて次はどこにするか悩んでます。

船体②


JIZOUさんより許可をいただき、今回から駆逐艦 子日 改め 駆逐艦 初春・子日 の2隻でいきます。
やっとここまで、こぎ着けました・・・・なんかメチャクチャ苦労しましたが、船体の塗装直前です。
IMG_20150527_174146.jpg
初春・子日は姉妹艦で性能も見た目もほぼ同じですが、細かい所が色々違うので、出来るだけ再現し差別化をしたいと思います。
まず、実艦の写真で船体中央に意味不明な段差が初春では有るのですが、子日では確認出来なかったので、
初春は有り、子日は無しにしました。その後、色々な写真を見ておそらく子日も段差は有ると思われますが、
今回はこれでいきます。写真の赤枠の部分です。
IMG_20150608_163007.jpg
IMG_20150608_163138.jpg
あとは、子日に準じたデティールアップをしました。
船体部分では、アンカーセレスの形状の違いが有りそれも再現したのですが塗装後に写真撮ります。
IMG_20150608_163542.jpg
家の物置に昔買って放置してた、タミヤの海面Bを見つけたので、ダイソーの100円ケースに合わせて切りました。
IMG_20150608_163706.jpg
完成後は、この100円ケースの海を疾走してもらいましょ




FC2アフィリエイト

プロフィール

ちっぴー

Author:ちっぴー
飛行機と艦船模型を
こよなく愛する40オヤジ
最近は写真のセンスが無い事に悩んでます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -